引越しと一言で言っても、一人暮らしの生活必需品だけの運搬から、家族の遠距離引越しまで、その規模から方法や手段は様々。
ここでは大まかな手段を解説します。

大手引越し会社

テレビCMなどをやっているような大手の引越し屋さん。
値段は安くないが、その分、スタッフの教育も行き届き、梱包や運搬の気配りなど信頼がおける。
また、梱包グッズを準備してくれたり、高級家具やピアノ、きっちり確実に済ませたい場合は大手を考えておこう。

メリット:安心・確実
デメリット:値段はやや高め

地元の中小引越し会社

見積もり方法やサービスの内容がいろいろなので、自分が求めるサービスを明確にしておいたほうが良い。
荷物が少なめで、近場の引越しの場合などは安くすむのでオススメです。

メリット 荷物の少ない少なめの荷物の場合は比較的安い
デメリット 業者によってアタリハズレが大きい。


単身パック

トラックを準備するほどの荷物の量でもないし、かといってクルマや宅配では難しいという人向け。
初めての一人暮らしをする人はほとんどこれで済むのではないでしょうか。
通常、コンテナボックスに収まる量で、1ボックスいくらといった計算になります。
もちろん2回、3回にわけてもいいので、とりあえずの生活が安定してから追加で荷物を送ってもらうなども有効な手段です。

メリット 料金はダントツに安い
デメリット 家具や大きな荷物がある場合は不向き


JR貨物

中長距離の場合は割安になる場合もあります。
基本はトラック集荷→鉄道輸送→トラック配達 となります。
このトラック手配についてはJR貨物に手配してもらえる。
JRコンテナならではのサービスで着駅での5日間まで無料サービスもある

メリット 時間に正確
デメリット 鉄道の時間・運搬ルートによっては希望日、希望時間に届かない場合もある


レンタカー

トラックをレンタルし、友人・知人などに手伝ってもらう場合。
普通免許で4トントラックまで運転できますが、軽トラック~せいぜい2トンまででしょう。
一番安くすむかもしれませんが、その代わりリスクも高い。

メリット 安い
デメリット 荷物が壊れようが部屋を傷つけようが全て自己責任
このエントリーをはてなブックマークに追加

お見積もりネット:お客様相談窓口厳選した提携企業からお見積もりを致します。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
「お見積もりネットを見た」と見たと伝えて下さい。

無料お問い合わせフリーダイヤル 0120-885-995
AAA基準暮らしのサービス振興委員会一般財団法人 0568-29-8314

※お見積もり金額をお客様相談窓口にて即時回答することはできかねますのでご了承ください。