役所関係の手続き

国外転出届け

海外に1年以上滞在する場合は、所在地の市区町村役場に「転出届」を提出しなければならない。
1年未満の場合は海外に住所は移らないので転出届けは不要。

国民健康保険

本人またはその家族が国民健康保険加入者の場合は、1年以上の滞在かで手続きが違います。

・一年以上の場合

出国前: 喪失(そうしつ)手続き
市区町村役場に国民健康保険被保険者証と印鑑を持参し視覚の喪失手続きを行う。
該当期間は国民健康保険の支払いが不要になるが、医療の給付は受けれなくなる。

帰国後:
転入手続きを行い、国民健康保険の再加入手続きを行う。

・一年未満の場合

海外に住所が移らないので継続加入・支払いが必要になります。
この場合、海外での病気やケガで医療機関で治療を受けた場合、国内と同様に療養費の対象となります。
治療の詳細がわかる明細等を地区町村役場に申請。2年で時効で注意しよう。

海外の引越し

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

お見積もりネット:お客様相談窓口厳選した提携企業からお見積もりを致します。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
「お見積もりネットを見た」と見たと伝えて下さい。

無料お問い合わせフリーダイヤル 0120-885-995
AAA基準暮らしのサービス振興委員会一般財団法人 0568-29-8314

※お見積もり金額をお客様相談窓口にて即時回答することはできかねますのでご了承ください。